さいたま市けんてー さいたま市のことをクイズ(=けんてー)を通して楽しく知ろう!
けんてーさんぽ

「浦和」とつく駅めぐり

2017.7.28

 

さいたま市には「浦和」という名前がつく駅がたくさんあるのをご存知ですか?

 

今回は、駅名に「浦和」がついている駅を電車で巡ってみました!
駅舎の写真付きで、ご紹介したいと思います。

 

 

【浦和駅】

 


JR京浜東北線・高崎線・宇都宮線など多くの路線が通る駅です。
駅周辺には伊勢丹やパルコといった商業施設が多く、2015年11月には県内初進出の「アトレ浦和」が開業しました。
また、北口改札から出ると、全国で5店舗目(県内初)となるカフェ併設型の「蔦屋書店」が設置されています。

 

 

【北浦和駅】

 

 

JR京浜東北線が乗り入れる駅です。
駅周辺には、埼玉大学や浦和高等学校など教育期間が多く立地していて
朝はこれらの学校に通う学生でバス停に長蛇の列ができています。
また、西口から徒歩すぐに立地する北浦和公園は、大規模な音楽噴水で有名なスポットとなっています。

 

 

【南浦和駅】

 

 

JR京浜東北線・武蔵野線が乗り入れている駅です。
乗り換えで利用されることが多いほか、近くには浦和競馬場があり
南浦和駅から無料の送迎バスを利用してアクセスする人もいらっしゃいます。

 

 

【東浦和駅】

 

 

JR武蔵野線が通る、南浦和駅のお隣の駅です。
浦和駒場スタジアムや埼玉スタジアム2002でJリーグの試合、サッカー日本代表戦が開催されるときには
この駅から直通のシャトルバスが運行しています。

 

 

【西浦和駅】

 

 

JR武蔵野線が乗り入れている駅です。
新大宮バイパスと呼ばれる道路と交差する形で設置されています。

 

 

【中浦和駅】

 

 

JR埼京線が乗り入れている駅です。
駅付近は住宅街になっていますが、駅に隣接する形でボウリング場や中華料理店もあります。
壁の東口側には「別所沼公園」があり、大型の遊具も設置されているため、
多くの子供たちで賑わっています。

 

 

【武蔵浦和駅】

 

 

JR埼京線、武蔵野線が乗り入れている駅です。
埼京線の赤羽~大宮間で通勤快速が停車する唯一の駅であることもあって、
さいたま市内で最も都心への距離やアクセス時間が短い駅として、毎日多くの方が利用しています。
駅周辺はさいたま市の副都心として位置づけられていて、
再開発がどんどん進められています。

 

 

【浦和美園駅】

 

 

埼玉高速鉄道の終点駅で、埼玉スタジアム2002への最寄り駅です。
サッカー日本代表・浦和レッズの試合時には利用者が急増するそうです。。
また、2017年5月1日より埼玉りそな銀行が副駅名の命名権を購入したことで、
『浦和美園とともに歩む 埼玉りそな銀行(今秋オープン予定)最寄駅』という副駅名が提出されています。

 

 

さあ、皆さんはいくつ知っていましたか?

 

浦和美園駅を除くそれぞれの駅が隣接していることもあり、
電車での行き来もとてもしやすいですよ。

 

皆さんも「浦和」とつく駅を、のんびり巡ってみてはいかがでしょうか。

 

*******************************************************

 

以下のリンクから、鉄道にまつわるけんてーに挑戦できます!

 

「さいたま市の鉄道けんてー」はこちら

 

その他の「鉄道けんて―」はこちら

 

*******************************************************