【終了いたしました】世界盆栽大会発祥の地 さいたま再び

第8回世界盆栽大会inさいたまは終了いたしました。

世界盆栽大会は世界中の盆栽愛好家が一堂に集い、学び交流する大会で、1989 年、盆栽の故郷・さいたま市 (旧大宮市)で第1 回大会が開催されました。 その後4 年おきに世界各国で開催が引き継がれ、盆栽の普及と国際親善に大きく貢献をしてきました。 そして2017 年、28 年ぶりに世界盆栽大会発祥の地・さいたま市で開催します。 ■開催概要:http://world-bonsai-saitama.jp/outline/


【関連情報】
盆栽界の至宝・五葉松 銘「日暮し」を約6年ぶりに特別公開!

第8回世界盆栽大会inさいたま」(会期:平成29年4月27日(木)~4月30日(日)、会場:さいたまスーパーアリーナ)のサブ会場の一角となる大宮盆栽美術館が、同大会を記念した特別展を開催します。
本展では、当館の所蔵する盆栽界の至宝・五葉松 銘「日暮し」を約6年ぶりに特別公開!
また、多彩な樹種と仕立ての高さを誇る、世界に名だたる「大宮盆栽」の名品をあわせてご紹介します。
さらに企画展示室では、盆栽の歴史と文化を知ることのできる美術作品を、前後期に分けて展示します。
世界盆栽大会とともに、盆栽と盆栽にまつわる美術作品を双方とも堪能できる、大宮盆栽美術館にぜひご来館ください。

■さいたま市が盆栽アカデミー、大宮盆栽の継承目指す 外国人コースも検討:日本経済新聞ツイッター http://www.nikkei.com/article/DGXLASFB17HFH_X10C17A3L72000/

さいたま市は28年ぶりに市内で世界盆栽大会が開かれるのを機に、5月に大宮盆栽美術館(同市北区)に「さいたま国際盆栽アカデミー」を開設する。日本初の公的機関による盆栽の学習プログラムとして、盆栽の技術と文化面などの知識を体系的に学んでもらう。盆栽文化を普及させるとともに、「大宮盆栽」の技術の後継者育成につなげることも目指す。
市は3月下旬に開催日程や定員、受講料などの募集要項の発表を予定している。


さいたま市けんてーの盆栽関連の問題へチャレンジ!

ゆう

けんてーを作ろう!

月ごとの情報検索